Q&A

税理士WEB

Q&A

税理士はどんなことをしてくれるの?

税理士は利害関係のない会社や個人などから依頼されて、各種の税についての相談や税務上の仕事を代行します。依頼された税の種類や内容によって、会社や個人の経理関係の帳簿・財産・商品に関する書類に目を通し、整理し、不必要な税がかからないような正当で有利な対策を考えながら、所定の方式にしたがって計算し、税金の申告書、申請書、請求書などを作成します。また不服申立て、過誤納税金の還付請求などの手続きも代行します。

税理士の平均的な報酬額ってどのくらい?

税務顧問契約の場合、「月次報酬(一般的に毎月の会計処理や税務相談)」と「決算報酬(決算書や税務申告書の作成)」とに分かれます。費用は、主に事業の種類や規模によって変動します。平均的には記帳から依頼する場合、「月次報酬」が個人事業の場合だと月々2万円から、法人の場合で3万円からとなっているようです。決算時の報酬はそれぞれ月次報酬の3〜5ヶ月分、もしくは4〜6ヶ月分程度です。

会計事務所って公認会計士の事務所?

この呼び名は正式な名称ではなく通称を指します。会計事務を行う事務所全般を指す言葉なので、税理士事務所も公認会計士事務所もこのように呼ばれることが多いです。

TKCってなんですか?

税理士事務所のホームページや、事務所ではTKCという文字を目にします。TKCというのは、税理士会とは別の職業組合のようなものです。TKCに加入することにより、独自のコンピュータシステムを利用することができ、効率的な税理士業務を行うことができるため、多くの税理士事務所が加入しています。

おすすめWEBサイト 5選

巴商会はこちら

2017/7/6 更新